SIMカード対応器の白ロム

SIMカード対応器の場合は、SIMカードに識別番号や電話番号などの情報が書き込まれているので、厳密に言うと白ロムとは言いません(白ロムとは電話番号などを登録している電話機本体を、解約などで白紙にしたものをいいます)。

しかし、オークションや白ロム販売専門店が普及してきたことから、SIMカード対応器の場合も白ロムという呼び方をするようになってきました。

この場合、SIMカードを抜いた状態が白ロムになります。

SIMカードは各携帯電話(PHS)メーカーで名称が違い、NTTドコモではFOMAカード、auではICカード、ソフトバンクではUSIMカード、ウィルコムではW-SIMカードと言いますが、使い方はどれも同じです。

ただし、他社間のSIMカードは形や大きさも違い互換性がないので、SIMカードを抜き差しして機種変更を行う際は、同じ会社の携帯電話同士でのSIMカードの抜き差しをする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です