黒ロムとは

黒ロムとは、携帯電話の回線契約を行ってROMライターで電話番号や識別IDなどの情報を書き込んだものです。

通常、ショップで携帯電話を購入するときには特に指定をしない限り黒ロムとなります。

よって街中で普通に使われている携帯電話は全て黒ロムだと言えます。

以前は通常使用されている電話を「黒ロム」などと呼ぶことはありませんでしたが、こうした言葉をよく耳にするようになった背景には、黒ロムの反対つまり白ロムが街中に流通し始めたという事があります。

最近の携帯電話はカメラ付きのものが増えているので、解約後も携帯電話を持ち帰るユーザーが増えてきました。

そして写真データを別の記憶媒体に移した後、携帯電話をインターネットオークションで販売したり、白ロム専門店に売りに出したりするようになったので、白ロム・黒ロムという区別がつけられるようになったのです。

ですから、ここでいう白・黒は色ではなくてSIMカードや携帯電話本体に情報が書き込まれているか書き込まれていないかということを表しているものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です