白ロムの使い方

白ロムはSIMカード対応の携帯電話かSIMカード対応の携帯電話でないかによって使い方が違ってきますが、SIMカード対応の携帯電話の場合同士で機種変更を行いたい場合は、自分が現在使っている携帯電話のSIMカードを取り出し(大抵、電池パックの内側に入っています)、購入した白ロム状態の携帯電話に差し替えるだけで機種変更が完了します。

わざわざショップに出向いていって機種変更をお願いする必要もありませんし、機種変更の手数料も必要ありません。

これはSIMカードに固体識別IDや自局番号が入っているからできるのです。

機種変更のみならず、外出先で携帯電話の電池が切れてしまったけれどどうしても通話したいという場合、友達が同じキャリアのSIMカード対応携帯電話を持っていたら、その電話を借りてSIMカードを差し替えて通話することもできます。

相手方には自分の携帯電話番号が表示されますし、通話料金も自分に請求されるので気兼ねなく使うことができます。

なお、SIMカード対応でない携帯電話はショップに持ち込んで機種変更を行う必要がありますが、最近出ている携帯電話は大抵SIMカード対応のものになっているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です