白ロムと黒ロム

白ロムとは携帯電話を機種変更や解約をして、SIMカードを抜き取ったり、ショップに持ち込んで専用端末で電話機に記録されている固体識別IDや自局番号を消去して(「ロムを消す」または「番号を抜く」といいます)まっさらな状態になったものです。

ショップへの持ち込みによる機種変更をする際には、新しく使う携帯電話が白ロムの状態になっていないと機種変更を行うことができません。

一方、固体識別IDや自局番号が入ったSIMカードを挿入したり、ショップのROMライターという専用端末で電話機本体に固体識別IDや自局番号を書き込んだものを黒ロムといいます。

黒ロムはすぐに通話をしたりメールをしたりすることができます。

ショップで購入する携帯電話は、特に「白ロム」と指定しない限りは黒ロムとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です