未使用品とは

未使用品とは、携帯電話の回線を一度開通したのち、即日で解約や機種変更をするなどして使用していない携帯電話のことです。

未使用ということで、中古品よりも値段が高めに設定されています。

未使用品の白ロムで注意しなければいけないことは、白ロム詐欺や盗品がからんだ携帯電話である可能性があるということです。

携帯電話会社は製造番号リストを持っていて、紛失したと届けられた携帯電話や盗難にあった携帯電話はネットワーク上でロックをかけています。

そういった携帯電話をオークションなどで購入して手持ちのSIMカードを挿入しても「SIMカードが認識できません」となって、使うことができないのです。

オークションなどで落札する場合は保証書の写真がきちんと掲示されているか、保証書に日付けと店の名前が記入されているかを確認する必要があります(これらが無記入の場合、窃盗した携帯電話である可能性があります)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です