中古品とは

白ロムの中古品とは、契約後に使用した後、機種変更などで使わなくなった携帯電話を売りに出したものです。

中古品なので使用感や液晶画面などにキズ、塗装面のハゲなどがあることがあります。

白ロム専門店で扱っている中古品は、買い取り後クリーニングを施していることが多いので、中古品といえども手垢がビッシリということはないようです。

各白ロム取扱店によって独自のランクがつけられており、キズや塗装ハゲの状態をある程度知ることができるようです。

なお、白ロム取扱店ではクリーニングとともに通話テストや初期動作確認も行われているようですが、誰が使ったか分からない携帯電話を使うのは気になるという人は、友人や家族のお下がりの携帯電話を使うか、新規契約で電話を手に入れたほうが良いかも知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です